Anatomy

Satoshi SuzukiとNatsuki Nakajimaによる電子音楽作品。

自然の音素材をコンピュータを用いて解析することで、新たな音楽の創造を試みています。

元来、音楽の創作は作家のイマジネーションを五線譜に投影することで成立してきました。

DAWを用いた制作が主流となった現代においても、創造の中心にある「音の組織化」という行為は、依然として人間の想像力や知覚に依存しています。

"Anatomy" は、この人間の限界に挑戦する実験的な作品です。

このEPを構成する5つの楽曲は、シジュウカラやスズムシの鳴き声といった単一の音素材に基づいています。

これらの自然界の音素材を、リズムやハーモニーといった音楽要素へと抽象化するために、Spectral Lab という新しいソフトウェアを開発しました。

このソフトウェアは、音素材の特徴的な構造をMIDIファイルとして抽出し、シンセサイザーを始めとする電子楽器での演奏を可能にするものです。

鈴木と中島はそれぞれの感性でこれらのMIDIファイルを展開し、あたかも自然の素材をオーケストレーションするかのように作曲していきました

自然の中に存在する秩序や構造は、人間に知覚しきれないほどの豊かさと複雑性を保ちながら音楽へと昇華されます。

神秘的な生物の世界は絶えず響きを変え、鑑賞者の聴覚を刺激していきます。

Electronic music produced by Satoshi Suzuki and Natsuki Nakajima.

Historically, the creation of music has been accomplished by putting the artist's imagination onto a musical score. Even in today's music production with DAW, the crucial part of musical composition still relies on human imagination and perception. "Anatomy" is an experimental work that tries to overcome this kind of human limitation.

The five pieces in this EP are based on the analysis of a natural sound with a computer. For example, the buzzing sound of cicadas, Japanese tree frogs, and bell crickets, etc. For sublimating those materials into musical components, such as harmony and rhythm, brand new software Spectral Lab was developed. Using this software, a musician can analyze any sound and turn it into MIDI data. In this way, Satoshi and Natsuki completed the composition while retaining the richness and the complexity that human could have never imagined

This music enlightens the listeners on the shape of the natural sound and evokes the grotesque, mysterious, yet fascinating beauty of the living things.
 

All tracks produced by  Satoshi Suzuki and Natsuki Nakajima

Photographs by Kenji Agata

#music

Spotify_Logo_RGB_Black.png
US-UK_Apple_Music_Badge_RGB.png
bandcamp-logotype-color-128.png
amazon-music-seeklogo.com.png